住所:宮城県大崎市鳴子温泉字湯元29
TEL:0229-82-2106
FAX:0229-82-2546
大きな地図で見る

20211018 読み聞かせ

 10月18日(月)の朝読書の時間に,1~3年生を対象として,地域の方々に読み聞かせを行っていただきました。紙芝居や大型絵本を利用して,生き生きと読み聞かせをしていただき,子供たちは目を輝かせて聴き入っていました。ビデオやアニメとは違い,臨場感のある生の声は,子供たちの心に響いていました。今後も月1回,継続して行っていく予定です。

20211013 第2学期始業式

 10月13日(水)に第2学期始業式が行われました。始めに校長先生から2学期の全体目標が発表されました。1学期は「挑戦」でしたが,2学期は「心ひとつに」という言葉が提示され,一人一人心機一転2学期も頑張ろうという意欲が伝わってきました。その後,2・4・6年生の児童代表が2学期の目標を発表しました。学芸会やスキー,自主学習など,それぞれ堂々と目標を発表できました。2学期も,一人一人新たな気持ちで目標に向かって頑張ってくれることでしょう。

20211008 第1学期終業式

 10月8日(金)に第1学期終業式が行われました。最初に校長先生から,1学期の各学年の良かったところについてお話がありました。1年「あいさつ」,2年「元気」,3年「チームワーク」,4年「主体性」,5年「思いやり」,6年「責任感」,それぞれの良い点を褒めていただき,みんな嬉しそうでした。児童が様々な場面で挑戦し,力を高めたこと,素晴らしいことです。その後,1・3・5年生の代表児童が,1学期の振り返りを発表しました。学習面,生活面など,それぞれ1学期頑張ったことが伝わってくる発表でした。

20211007 音楽アウトリーチ「三味線」

 10月7日(木)に音楽アウトリーチの一環として,1~3年生を対象に,「三味線」鑑賞会が行われました。前日,中国の楽器「揚琴(やんちん)」の音を聴いていることもあり,日本の楽器の音色との違いを感じているようでした。三味線だけでなく,手踊りも披露していただき,「和」の心を育む貴重な経験となりました。

20211006 「揚琴(やんちん)コンサート」

 宮城県青少年劇場小公演として「揚琴(やんちん)コンサート」が行われました。中国の楽器を中国の人が演奏しました。新しい楽器に触れる機会でもあり,外国の文化に触れる機会ともなりました。日本の楽器にはない音色や演奏法で,子供たちの心に残るものになりました。

20210930 「サクソフォンとピアノのコンサート」

 9月30日(木)に宮城県青少年劇場小公演として,「サクソフォンとピアノのコンサート」が行われました。サッカスという楽器の歴史を教えていただいたり,いろいろな音色で子供たちの知っている曲を演奏していただいたりして,子供たちは,とても興味深そうに聴き入っていました。サックスは,リコーダーと指使いが似ているということで,子供たちの中には挑戦してみたいという児童もいました。新しい楽器に触れる貴重な機会となりました。

20210927 秋の交通安全教室

 秋の交通安全運動期間中の9月27日(月)に秋の交通安全教室が行われました。今回は,8つの縦割り班ごとに,交差点や横断歩道を意識しながら,鳴子温泉駅まで歩く練習をしました。右側をはみ出さないで歩くこと,交差点で左右確認をすること,車に停まっていただいたときにはお礼のあいさつをすることなどについて気を付けながら歩きました。高学年の行動を手本にしながら,みんな安全に気を付けて行うことができました。

20210924 「ゴーシュの演奏会」鑑賞会

 9月24日(金)に「文化芸術による子供育成総合事業-芸術飛行船<東日本大震災復興支援対応>プログラム『芸術飛行船』」の一環として,ミュージカル集団「おむらいす」の方々の「みんなで観よう!ゴーシュの演奏会」を鑑賞しました。宮澤賢治の「セロひきのゴーシュ」をモチーフとしていて,影絵や歌,踊りもあるハートフルストーリーでした。
 手拍子をしたり,リズムを感じたりしながら,子供たちも参加できる展開になっていて,その世界に自然に引き込まれていました。来月に学芸会を控え,とても参考になる公演でした。

20210907 演劇巡回公演「給食番長」


 広い体育館のおかげで,舞台から十分な距離を取り会場を設定することができました。エネルギッシュな演技とそれを鑑賞する子供たちの真剣なまなざしが印象的でした。
 大笑いしたり涙をこらえたりする内容ではなく,給食を題材とした身近な学校生活がテーマでした。自校給食の本校にとっては,ますます親近感がわき,自分のことのように感じながら鑑賞していた児童もいたことと思います。

20210826 オリンピック・パラリンピックムーブメント事業「ボッチャ競技体験」


 宮城県障害者スポーツ協会から講師の先生をお招きして「ボッチャ競技体験会」を開催いたしました。
 いろいろな練習を通して,投げる,転がす技術を高め,最後には実際のコートを使ってのゲーム体験をしました。みんなニコニコしながらも真剣に学び,プレーしていました。
 講師の加藤秀太先生からの,「工夫しながらどんな障害のある人でも一緒に楽しめるスポーツ,それがボッチャです。」とのメッセージが大変印象的でした。

20210525 朝会「生活目標の確認」


 今日の朝会で,5,6月の生活目標について確認しました。6年生4人に協力してもらいながら今月担当の先生からお話がありました。「外で元気に遊ぶこと」,「時間を守ること」について,キーワードをもとに一人一人が自分の生活を振り返りました。
 生活目標を意識することで,今日からの学校生活が一段と充実するとうれしいです。
 家庭での声掛けもよろしくお願いいたします。

20210510 地域学校協働活動


 「学校支援活動」として,畑を耕していただきました。毎年春,このように機械を使ってお世話いただいています。遊佐直行様,本当にありがとうございます!
 それにしても,この色の違い・・・「草原の中にできた黒く豊かな土地」ですね。

20210507 運動会に向けて②


 踊る姿がちょっとずつ様になってきました。
 子供だからこそ身に付く力もあります。何でも吸収できるこの時期にしなやかで強い体を作ってほしいと思います。

20210430 運動会に向けて


 3~6年生は,運動会の「表現(踊り)」の練習が始まっています。感染症対策のため,大きく間隔を取り,窓を開けて練習に取り組んでいます。
 下級生は,まだまだ「ふにゃふにゃ」の踊りですが,本番までにきりっとした身のこなしができるようになることでしょう。
 練習を通して,継続して取り組むことの大切さ,できるようになるまで粘り強くがんばるという態度を身につけてほしいと思います。

20210428 マッスルタイムがスタート!


 水曜日朝の活動は,「マッスルタイム」,一年を通してリレーや短縄跳び,持久走,長縄跳びに挑戦していく時間です。
 今日は,全校縦割りリレーのバトンタッチの練習です。
 右手でもらって左手に・・・基本的な動きを友達と確認していました。
 運動会本番のレースが,今のうちから楽しみです。

20210427 一年生を迎える会


 今日は,「一年生を迎える会」が開催されました。
 三密を避けるため体育館いっぱいに広がっての会でした。
 6年生を中心に準備を進め,本番は,心のこもった温かい会になりました。

20210421 縦割り活動


 今日は,縦割り班の顔合わせの日です。三密を避けてマスクをしっかりつけて短時間での顔合わせとなりました。メンバーを確認しながらみんなニコニコしていました。

20210420 児童集会


 児童集会は,委員会活動の発表の場になります。みんなの前で発表することは,子供たちにとってはとても勇気のいることです。はっきりした声で,心を込めて,相手に伝わるように話すことがめあてです。

ようこそ鳴子小webサイトへ

ようこそ鳴子小webサイトへお越しくださいました。 

宮城県大崎市立鳴子小学校は,宮城県北西部,大崎市の鳴子温泉地域にある歴史と伝統のある小学校です。 特色ある地域性を生かし,泉質豊かな温泉や鳴子こけしについて学び,冬はスキーで心と体を鍛えています。
本校の日々の様子については「鳴子小ブログ」の方をご覧ください。

本ホームページは,パソコン表示に適正化されており,スマートフォン等で表示するとレイアウトが崩れてしまいます。ご了承ください。